会長挨拶

 本年6月から、日本土壌微生物学会の会長を引き受けることになりました、茨城大学の太田寛行です。本学会は、1954年に発足した「土壌微生物談話会」を原点とし、60年以上の歴史をもっている伝統ある学会です。これまでの本学会の発展に貢献されてきた諸先生方と、学会員の皆様に深く感謝申し上げるとともに、宍戸雅宏副会長共々、本学会がさらに発展するように努力していく所存です。
 いきなりですが、多くの学会で学会の在り方が問われています。本学会の場合、2006年の正会員数は約600でしたが、年々減少しこの10年で約450にまで下がりました。この減少は何故でしょうか? 今が、その分析を行い皆さんと学会の将来を論じるチャンスだと思っております。そこで、早速、この挨拶文から議論をスタートさせたく思いました。そのスタートとして、一般的な話になりますが、先日、参加した研修(「大学の戦略的ガバナンスとアカデミアの成長」、上山隆大教授)のなかで出てきた言葉を紹介します。それは、「知識の連鎖性と想起性:埋め込まれた知識をどのようにretrieveするか」です。この意味をまだ十分には読み解いていませんが、学会の在り方に関係するように感じています。論文等で示される知識(形式知)は、ネット社会が発展する中でだれもが自宅でアクセス可能な状況になってきました。一方、論文等には表現されない、そして論文著者も意識していない「埋め込まれた知識」は研究者間の直接的な対話や議論によって、初めて回収できるものです。議論のメンバーが多様であればあるほど、回収される知識は様々なものになるでしょう。学会とは、本来、このような場であったと思います。特に、本学会は植物病理系と土壌肥料系が融合した学会である点で、「埋め込まれた知識」の回収が当初から仕組まれていたと考えることができます。思い起こせば、この議論は、相野前会長が掲げた「土壌微生物を通して、自由に論議し、その中から新しい発想が生まれ、展開していく」学会につながります。
 本学会をさらに盛り上げるように努力していきたいと思っておりますので、引き続き皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

平成29年6月 太田寛行

太田寛行
(茨城大学農学部)